国内のAGA患者さんの総数は1260万人ほどという調査結果がありますが、いまの日本で1億2000万人ほどの人口があるとして、10人に一人が男性型脱毛症(AGA)による薄毛に悩まされているといって間違いないでしょう。

しかしながらここで言う総人口はAGAの対象とならない女性や子供も入っているので、よって厳密に「成人」であり「男性」の比率で計算した場合、だいたい4人に一人が発症しています。

筋トレして男性らしい体つきになるのは良いことですが、同時に薄毛になるという噂も聞かれます。

実際に、頭髪への影響を考えて、長年続けてきたトレーニングをやめてしまう人もいますし、冗談で「(自分の薄毛は)筋肉鍛えすぎたから」という人もいます。

一般に、筋肉を蓄積するタイプのトレーニングを重ねていくと、テストステロンという男性ホルモンの分泌が増加し、抜け毛を進行させるとも言われています。

いわゆるAGA(男性型脱毛症)というものです。

しかしそれが定説なら、インストラクターやボディビルダーはみんな薄毛になるということになってしまいますね。

まったく影響が出ない人もいれば、トレーニングメニューを変更するだけで薄毛への影響を抑えられる人もいます。

薄毛には男性ホルモンが強く影響している場合と、そうでない場合があります。

まずAGA検査で自分の薄毛のタイプを調べてもらってから判断したほうが良いでしょう。

運動そのものは、育毛にも体にも良い影響があるものです。

薄毛や抜け毛を改善したいなら、炭酸水の利用をオススメします。

水の代わりに飲むのはもちろん、肌の悩みを改善してくれるので洗髪時に使うのも効果的です。

最初にケースでまとめ買いすると自分に合わないときに困るので、1?2本の購入からスタートしましょう。

水の代わりに炭酸水を飲むと、胃腸の動きを活発化し、代謝を活性化させ、血行促進効果も期待できるそうです。

また、サロンでのスカルプケアでも使われているので、実力は折り紙つきです。

安全性の面でも問題なく、抗菌効果があり、新陳代謝を促進させるので頭皮の状態を健やかにするのに役立ちます。

同時に、古い角質層の除去にも一役買っているそうですね。

パーソナルユーザー向けの専用シャワーヘッドもありますし、炭酸水を自宅で作るマシンも売られていますが、こちらは洗髪専用品ではなく、飲用に供することを目的としているため、一度に作れる量がシャワーヘッドに比べると少なめです。

自宅でのヘアケアに取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

ゴボウ茶が育毛に良い食品として挙げられることがあるのですが、それはきっと、ゴボウ茶を飲むと血行が良くなるからでしょう。

成分そのものには、特に育毛のためになるタンパク質や、ビタミンといった栄養素が、多く含まれているという事実はありませんが、血行が改善されますから、末端にある頭皮の毛細血管にも栄養が届きやすくなり、抜け毛やフケといった、頭皮の異常を由来とするトラブルを防いでくれるようです。

それに、食材としてのゴボウを見てみると、他の根菜と比較してもとても豊富な食物繊維を含み、皮には抗酸化作用のあるポリフェノールが多いです。

血液中の悪玉コレステロールを分解してくれるため、血液がサラサラになると言われています。

こうして、血液の質を良くすることで、血流が改善され、頭皮の毛細血管まで滞りなく栄養が運ばれるようになるでしょう。

それが育毛につながるであろうと期待されているのです。

髪の薄さに悩み育毛剤を使用したいと思っている人もいるでしょうが、どれだけの効果が期待できるのか気になりますよね?簡単に言うなら、使う人にもよるので効果があるとは言い切れません。

育毛剤にチャレンジしてみて髪が元気になる人もいれば、悩みが解決しなかったと思う人もいるようです。

乳製品にはタンパク質がたくさん含まれているので、育毛にはおあつらえ向きの食べ物です。

チーズはその中でもL-リジンという必須アミノ酸を持っていて、これは育毛治療にしばしば用いられる成分であるミノキシジルの効果を促進するのに有効です。

この事から、どんどん摂るべきとも言えます。

ただし、過剰に摂取するとカゼインという乳製品が持つ成分が他の栄養素の吸収を阻害するので、適量にとどめておきましょう。

病院での治療を受けつつ、患者さん本人がその効果を高めるAGAのケア方法というのがあります。

出来る出来ないは別として、今までのライフスタイルを改善することにつきます。

科学的に毛髪に良いとされるタンパク質はもちろん、微量元素である亜鉛やミネラルを摂取できる食品を意識して食事に取り入れましょう。

それから新陳代謝を促すには血行改善が不可欠ですが、ニコチンは血行不順の原因になるので喫煙を控え、ほかには入浴時のスカルプマッサージも効果的だと言われています。

最近では、育毛剤以外にも自宅でもできる育毛治療が人気です。

例えば、病院のものほど高出力ではないのですが、自宅用の低出力育毛レーザーが人気です。

いくつかのレーザー育毛器具はアメリカのFDAで認可された育毛治療に効果があると認められたものです。

このFDA認可についておおまかに説明すると、日本で言うと厚生労働省も認めた製品というような意味で、これがあるレーザー育毛器具はアメリカ政府が、薄毛や抜け毛に効果があり、安全性も高いと保証しているのです。

もしかすると、育毛に良いということでワカメを積極的に摂取している方もいるかもしれません。

広く流布しているこの噂ですが、科学的な実証はされておらず、殆ど育毛効果はないと言っていいでしょう。

ワカメなどの海藻に多く含まれている成分で育毛に適した成分をあえて言うとすると、ヨウ素とフコイダンでしょう。

甲状腺ホルモンをつくり、免疫力がアップして健康な体づくりに役立つ栄養素なので、巡り巡って育毛に繋がる可能性があるという意味ではワカメの摂取も無駄ではありません。

育毛剤は確かに効果を発揮するのでしょうか?それぞれの製品にもよるものの、育毛剤には髪の毛が生えるのをサポートする成分を含有しています。

もし、その成分との相性がよければ、薄毛を解消することとなるでしょう。

でも、すぐに効果を感じられるものではありませんし、正しい使用法でなければ効能を発揮できないこともあります。

髪を毛を元気にする方法として、頭の皮膚を、柔らかくするためのマッサージが有効です。

指圧によって、頭皮の血の巡りが良くなると、育毛に役立つ栄養素が行き渡るようになります。

デリケートな頭皮を守るために、爪が伸びていないか確認してから指の腹を頭皮に当てて、優しく動かしてみましょう。

頭皮のことを大事にしないやり方では、逆効果なので、やりすぎないように注意しましょう。

育毛剤はすぐに効果が現れるものではありません。

短くても3か月は見ておかないと利用していくといいでしょう。

しかし、かゆみ・炎症などの不快な副作用が出てしまったら、使うことを止めてください。

より髪が抜ける可能性があります。

値段にかかわらず育毛剤の効果は、個人によって差が現れたりしますから、必ず効果があるとはいえません。

育毛剤bubkaのセールスポイントは、育毛成分として海藻エキスを32種類も注入していることです。

さらに、髪に浸透させる力が何倍も優れた水を使用しているため、海藻エキスなどの有効成分が地肌に吸収されやすくなっています。

さらに、脱毛予防が期待できるオウゴンエキスをはじめ、グリシンやアルギニンといった効き目成分もふんだんに使っているのです。

検査でしたらAGA専門のクリニックでも普通の皮膚科でも行っており、患者は好きなほうを選ぶことができます。

市販のAGA検査ツールを使えば初診料などを払わずに個人で検査することもできるのですが、あくまでも簡易チェックなので詳しいことはわからないので割り切りが必要です。

AGAになりやすい遺伝子を持っているか、フィナステリドは効くのかといったことは判断できるものの、AGAを発症しているのかそうでないのかを判断することは不可能です。

より正確な検査でAGAに対する不安を一掃したいと思うのなら、病院に行って検査を受ける方が良いということになります。

初期のAGA(男性型脱毛症)の場合、症状の進行にはやや規則性があり、髪が短い人は額の生え際のラインに添って薄くなり、前髪の長い人は生え際のほかに髪の分け目が薄くなるというのが最も多いでしょう。

急激に進むものでもありませんから、気づいてもあまり気にならないかもしれません。

なんとなく生え際が後退してきたり、頭頂部や髪の分けめの地肌が目立ったり、シャンプー後の乾燥で抜ける髪が多くなったと思ったら、他に原因がなければAGAを疑った方が良いかもしれません。

生活習慣が乱れたままの状態を続けていると脱毛サイクルが発毛を上回ることで薄毛が進んだり、頭皮のトラブルなどが進んで皮膚の状態が悪いときには育毛剤の使用すらできなくなってしまいます。

薄毛対策として育毛シャンプーや育毛剤を使うことを考えているのでしたら、生活習慣の改善もあわせて行いたいものです。

専門家に頼らなくても自分で気をつけることができるのは、食生活と睡眠の確保でしょう。

まずこの2点を念頭において過ごしていただくのがいいと思います。

食生活の偏重や睡眠不足(入眠しにくい、朝起きてしまうなどの睡眠障害を含む)は、まさに薄毛・抜け毛のための習慣のようなものですから、少しでもマイナス要因になるようなことを減らしていきましょう。

生活習慣の改善はどのような薬の効果を得る上でも重要です。

乱れた生活習慣は育毛剤の効果を減殺しますから、それで育毛剤を使っても、期待したほどの効果を得るのは難しいでしょう。

自分なりに考えて実行している普段のケアが、実際は髪や頭皮にとっては悪い結果を生んでしまうことがあるのです。

たとえば、なるべく早く結果が欲しいからといって使用上の注意に記載されていることを守らずに多く育毛剤などを塗布した場合です。

いっぱい使えば効果的というものではありません。

それに、成分によっては頭皮に限度を超えて使うと頭皮にかぶれなどのトラブルを引き起こす要因になることもあるのです。

身体にとって嬉しい効能がたくさんある温泉ですが、泉質を選べば育毛の効果も実感できるかもしれません。

それは、酸性の温泉です。

酸性泉質の効能のひとつである毛細血管の拡張作用のため、頭皮の血行が促進され、老廃物が排出されやすくなります。

酸性の性質を持つ温泉は、主に炭酸泉と硫黄泉ですが、身近にあるのは硫黄泉だと思います。

ですが、酸性の温泉は、人によっては湯爛れを起こす可能性もあるため、敏感肌の人は注意してください。

頭皮マッサージを続ける効果で次第に頭皮が良好な状態になって今までよりも髪が伸びやすくなるはずです。

マッサージする際、爪を立てて行うと繊細な頭皮が傷ついてしまうので、指の腹を使用し優しく揉んで行いましょう。

シャンプーの時に頭皮マッサージをすると頭も同時に洗えるので一石二鳥です。

とりあえず育毛効果を感じるまで粘り強く続けることが肝心です。

塗るタイプの育毛剤より、飲むタイプの育毛剤の方が目に見える効果を期待できると言われていますが、その反面、副作用を引き起こしてしまう心配も高まります。

飲む育毛剤の副作用の例を挙げると、頭痛、めまい、腹部の不快感、吐き気などがあると言われています。

また、塗るタイプではなく飲むタイプの育毛剤でも頭皮に炎症やかゆみなどの異常が起こる可能性もあるのです。

万が一、副作用が起こったなら、すぐに使用を中止したほうがよいでしょう。

育毛中にコーヒーを飲む事には、賛否両論があります。

結果的には、過度に飲み過ぎなければ問題ありませんが、反対に、飲み過ぎると育毛に悪影響になるでしょう。

ご存知のように、カフェインには血行を促進させる作用があるため、滞りがちな頭皮の血行が促進されれば育毛にもプラスになります。

けれども、度を超えて飲んだ場合は、寝つきが悪くなって睡眠時間が少なくなるため、コーヒーは控えた方が良いということになります。

育毛には適切な栄養の摂取も必要です。

中でもたんぱく質、亜鉛、ビタミンB群の3種類が、育毛治療の効果を促進する栄養素だと言えます。

例えば、たんぱく質はアミノ酸の結合体であり、このアミノ酸が髪の毛の大部分を占めるケラチンの素になります。

亜鉛はこのケラチンを合成する役割を担っています。

さらに、発毛を促し髪の毛を成長させる毛母細胞は、ビタミンB群によって活性化します。

食品の例を挙げると、たんぱく質は大豆製品に、亜鉛ならば牡蠣、また、ビタミンB群の場合はレバーまたは緑黄色野菜などが含有率の高い食品になっています。

首こりや肩こりの治療をイメージするという方が低周波には多いかと思われますが、育毛に役立てられることもあるのです。

頭皮の為に作られた低周波治療器を使うことで、血行がすこやかになりますし、毛穴から体に不要になったものが出ていきやすくなるでしょう。

ただし、育毛効果が現れると言いきれない低周波治療器も、ないとは言いきれませんから、買う時には慎重に選ぶことが大切です。

「育毛剤なんてオジサンが使うものでしょ」なんて思っていませんか?今では女性専用の育毛剤もあるんです!異性間では毛髪が薄くなる原因が違っていますから、育毛剤の中で、男女兼用として開発されたものを使うよりも女性の髪に合った商品を使われた方が育毛剤の効果を十分に発揮できるものと思われます。

だからと言って、当然、男女兼用の汎用育毛剤を使って専用のものと比べても遜色ない効果が出る方もいますので、その商品が自分に合ってるかどうかによっても異なります。

もしかして、薄毛かもしれないと思われたら少しでも早く育毛剤を使用することが薄毛対策には重要です。

育毛の悩みというと体質や遺伝がまっさきに浮かぶかもしれませんが、実は、栄養不足や偏りが薄毛を招いているという後天的なケースも多いようです。

髪に必要な栄養をバランスよく摂取しつづけることが大事で、長らく育毛に必要な栄養素が欠乏した状態を続けていると、地肌の健康が維持できず、自然の発毛サイクルも阻害され、フケが出る地肌トラブルや、抜け毛などの発生を防げません。

外食の多い方やテイクアウトの中食の多い方、パンだけで済ませる方、レトルト食品やスナック菓子が好きな方など、おつきあいの外食は仕方ないですが、それ以外の食生活を改善するべきでしょう。

髪とすこやかな地肌のためにしっかりと栄養をとって、体本来のリズムを取り戻していきましょう。

美容室や美容院で受けられる、ヘアケアのためのヘッドスパですが、これは大変快適なものです。

ですが、ヘッドスパの技術者次第で、マッサージの力のかけ方は大きく変わってきます。

なるべくならヘッドスパの専門店や、または、育毛の知識が深く、ヘアケアについてよく知っているお店のヘッドスパを受けるようにするのがおすすめです。

快適なマッサージによって、頭皮の血行がとても良くなるということも、手入れをしないと、すぐ硬くなってしまう頭皮を、プロの手でやさしくもみほぐしてもらうこともヘッドスパ利用によって得られるメリットですね。

ただし、美容室のオプションメニューとして、ヘアカットのついでに奨められるようなクラスのヘッドスパでは、それほどしっかりした技術は期待できないため、不満に思うこともあるかもしれません。

薄毛や抜け毛が最近、急激に進んでいるような気がして、困惑しているという人は、ビオチンが不足している可能性があることを知ってください。

ビオチンは水溶性ビタミンの一種で、以前はビタミンB7と呼ばれることもありました。

タンパク質の合成に関わり、アミノ酸の代謝の補助もしますので、不足すると薄毛、抜け毛、また白髪が増えたりします。

なぜかというと、毛髪というのは、タンパク質で構成されている部位であり、そのタンパク質はアミノ酸から作られているからです。

そのため、タンパク質合成とアミノ酸の代謝に多大な影響を持つビオチンが不足してしまうと、髪そのものを形作る物質の不足になりますから、これは育毛にとっては大きな難事となるでしょう。

このように大事な栄養素であるビオチンですが、体内の腸内細菌叢で生成されることもあって、普通に生活している分には滅多に欠乏しません。

ただ、とんでもない偏食だったり、腸内細菌叢が抗生物質などで荒されたりすると、不足することも考えられますので何か思い当たることがあれば改善を試みて、卵黄やレバーなどの食物や、サプリで摂取してみてください。

運動不足も抜け毛の原因になるとされていますので、適度の運動は育毛につながります。

過度に負荷のかかる、運動をしたら、かえって抜け毛を悪くしかねませんので、ジョギング、ウォーキングあたりが、適当です。

運動することで血行がうながされ、育毛に必要な栄養が頭皮にいきやすくなるので、日常生活のストレスの解消にもつながるでしょう。

育毛方法はさまざまです。

育毛剤やシャンプーなど外用製品、サプリメントや経口薬などのほか、近年は医療機関でも対応するようになってきています。

皮膚科医院などでAGA(薄毛)のパンフレットをご覧になった方も多いのではないでしょうか。

育毛注射(ミノキシジル、ビタミン、プラセンタ、ニンニクエキスなど)といった、以前ならちょっと抵抗を感じた選択肢を選んでいる人たちもいます。

クリニックで行うため効果が客観的に判断できますし、錠剤などで摂取するのに比べると注射というのは格段に吸収率が高く、速やかに作用するため、はっきりとした育毛効果が感じられ、とくに、早く効果を得たい人にとっては、良い方法と言えるでしょう。

ただし、これらは審美治療に相当するため、健康保険は適用されません。

診察も処置も全額自己負担となります。

自由診療なので料金にもバラつきがあると考えて良いでしょう。

繰り返し注射しなければならないため、経済的には負担は大きいです。

ただ、短期間に効果が得られて費用対効果が高いとしている人もいるので、一概に「高値」と言い切ることはできないでしょう。

まずはアミノ酸が重要になってきます。

育毛を考えるとき、アミノ酸は絶対に必要な成分のうちの一つと言うことが出来ます。

この世には多くの種類のアミノ酸が存在していますから、バランスよく、穀物、豆類、卵、大豆製品、魚類等々を食事に取り入れるようにしてください。

注意点としては、アルコールを分解する際、使われて消えてしまいますので、お酒を飲み過ぎてはいけません。

あわせて読むとおすすめ⇒薄毛で人の視線が気になる! 効果的な治し方と育毛剤を教えて?